会計を丸投げしている時、気を付けるコト

会計を会計事務所などに丸投げをしている時に
気をつけたいコトがあります。
それは、現金残高です。

現金を動かす仕事をしているのではないのに、
残高が100万とか200万とかになっている会社があります。
実際には、それだけ残高がないのに。

原因は、次のことが考えられます。

現金出納帳(現金の入金、支出を記録する帳簿)を
つけておらず、現金の残高がわからない。

預金通帳からの支出でATMから引き出し、
何に使ったのか書いてない場合。
この場合、会計事務所の処理は、
「現金の入金」にします。

その場合に起きるコト。
1万円の現金を引き出し、1万円のモノを買ったとします。
この領収書やレシートを失くしたとしたら、
現金支出したのがわからず、記録されません。

実際には使ったのに、残高が1万円増えるのです。

こういうことの繰り返しで、
とんでもない現金残高になることが多いです。

なので、数字が出てきたら、
数字の見方がわからなくても、
最低限、現金残高はチェックするようにしてください。

対策。
・現金出納帳をつける。
・預金通帳に、引き出したときに何に使ったかメモをする。
どちらか、1つやってみてください。

2つともするのが難しい場合、
最低限、レシートや領収書は失くさないように
保管してください。
これだけでも、随分と違ってきます。

・会計ができるセミナー第1回
http://nagasakietsuko.com/blog/accounting/seminar/seminar01/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です