クレジットカードを使用した時の会計が面倒くさい人への代替案

クレジットカードを使用しての支払。
会計をする時に、いつ費用に入れればいいの?
勘定科目はどうすればいいの?
わからないからクレジットカードでは支払わない。
そういうお話しが出ました。

確かに事業専用のクレジットカードを使ってるか。
生活費用のクレジットカードと兼用しているか。
それによって勘定科目は変わってきます。

覚えれば簡単なのですが、
もっと簡単な方法があります。

『デビットカード』を使用する方法です。
このカードは、クレジットカードと同じように
使えます。

クレジットカードとの違いは、
お買い物をした時点で、銀行の預金口座から
代金が引き落としされます。

使用上のメリット・デメリットは
いろいろありますが、今回は、省略します。

会計をする上で便利なことがあります。

「いつの日付で入力すればいいのかわかりやすい。」
クレジットカードだと、お買い物をした日と引落日
どちらで入力すればいいのかわからないと
よく言われます。

デビットカードだと、お買い物日=引落日なので、
お買い物日の日付で入力すればいいので簡単です。

「どの勘定科目にすればいいかわからない。」
預金からスグに引き落とされるので、
預金から支払った会計処理をすればいいので簡単です。

預金に残高がないと使えませんが、
もし、どうしても会計処理が覚えれないって方は、
使ってみるのも、ひとつの方法です。

「決算書が読めるセミナー」を開催します。
https://www.facebook.com/events/1838188166500037/
または、
http://nagasakietsuko.com/blog/accounting/kessannsyoyomeru/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です