時にはムダとか回り道もいい

2月1日に、いつもの会計セミナーの
変形バージョンをする。←意味不明。
なので、資料を大幅に編集し直している。

いつもは、頭からガーっと作っている。
今回は、やりたい内容を紙に書き出してみた。
大きいテーマの中に、いくつかの小さい項目が
ズラリと並ぶ。

ん、よくわからんくなってきた。

イメージがわいている作りやすいモノから
作っていこうかなという気分になった。
でも、作りにくいよな~と迷っていると。
ん、いい方法があった!

Wordのファイルをテーマごとに分割して作成。
後から、ひとつにまとめるという方法を取ることに。

これ、意外とやりやすい。
ひとつのテーマのことをひたすら考えて作成。
すると、テーマごとに内容をまとめようとする。

なので、そのテーマのポイントも見えてきた。

今までは、会計ができるようになってもらえばいいや。
説明しやすい順番、
こう並べたら理解しやすいかなという順番に、
ずらずら~と並べていたので、テーマが飛んでたりした。

ただ、ひとつ難点がある。
説明したいことが増え続けて、内容がパンパンになる。
引き算ができる日は、やってくるのかっ!

・・・・・・。

セミナーを始めた頃は、1回資料を作れば、
あとは使い回しすればいいからラクだな。
そんな考えでいたけど、
私の記憶では、使い回ししたのは1回。

何回も、大幅に作り直している。
毎回、今回以上のモノは、
もう作れないって思いながらやっている。
でも、編集し直し続けている。

その中で、必ず何かの発見や気づきがあるから。

その発見や気づきは、
資料作りだけでなく、他のことに応用できる。

少しでも多くのことをわかりやすく提供したい。
そうなんだけど、自分のためにもなっているんだな。
全部、自分に返ってきているんだな。

勤めていたら、絶対に言われるであろう言葉。
そんなにキレイに資料を作らなくていい。
資料を作り直すな、とか。

時間をかけずにやっても、
時間がもったいないと言われ。
ひたすら、効率とか、労力に対する対価を追求。

以前のモノをそのまま使ったり、
他人の作ったものをそのまま使う。
自分で考えるチカラや判断力、創造力がつくのかな。

ムダや回り道をしたからこそしか
味わえないものがある。

大原簿記の校長に、
「回り道も大事だけど、じゅうぶん回り道はしただろう。
 もう、いいだだろう。」

そう言われた後も、散々、人生で回り道してる。
わざとじゃないけどね。

なんか面白いな。

そーいえば、Word2016使っていたら、
「アイコン」っていうのが挿入できるようになってた。
以前より、Word使いにくくなったと思っていたけど、
これは便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です