ムダと言われることもやってみる

6月18(日)のセミナーの他に、
シークレットスパルタセミナーがある。
セミナーがあると恒例にしてることがある。
それは、配布する資料の作り直し。

1回作成したモノを使い回せばいいんだろうけど、
どうやって説明しようかな~って読んでいると、
「う~ん。。。ここは、もっと違う説明に…。」
「あっ、ここも♪」そんなカンジで大幅に変更になる。

私も会計に携わっている以上、
作成時間に対する効果ってどうなんだろう。
そう悩むことが多い。
でも、それは私の都合であって、
参加される人には、全く関係のないこと。

あーすればよかった。
こーすればよかった。
前回の反省点を今回にいかしてるだけ。
やらないと、また同じコトになる。

セミナー資料を作成していると、
いつも思い出すことがある。

会社員をやっていた時代。
資料を自分で作っていると、
「時間のムダ。そんなコトやって何になるの。」
必ず注意される。

あまり時間をかけてなく、
仕事に支障をきたさないようにやってても言われる。
でも、私は作り続けていた。

数字や文字ばかりの資料を見せて
理解してもらえると思ってなかったから。
そして、資料を作成するコトによって、
頭が整理され、説明しやすかったから。

上司や会社の人は要らんかもしれんけど、
お客様は、欲しいかもしれない。

上司や会社の人は、お客様ではない。

会社の人に「ムダだから。」
そう言われて作るのやめていたら、
セミナー資料として配布できるものは
作れてなかったかもしれない。

ぶっちゃけ、説明するのが苦手なのを
資料でカバーしようとしているので、
これがなかったら、
セミナーしてなかったかもしれない。

上司や会社の人に気に入られなくてもいい。
嫌われてもいいわ。
そんなスタンスで仕事をしてきた。
キツイ時もあったけど、
こういったイイコトもあるんだな。

いやっ、イイコトだらけなんだけども。

話しはそれるけど、今のアルバイト。
上司をお客様だと思って接している。
お客様が要るか要らないかの視点で
仕事をしている。

そうすると、
自分のやるべきことが見えてきて仕事がしやすい。

ムダか?時間かかり過ぎか?頭をよぎっても。
やろうと思ったコトはやる。

作ったモノは、ムダになることはあっても、
やったコト経験は、ムダにならないから。

・・・・・・。

しかし、セミナーの資料が多くなり過ぎそう。
削るか。
足し算だけでなく、引き算も覚えないと。
昨年も同じコト言ってたよな。

「決算書が読めるセミナー」を開催します。
https://www.facebook.com/events/1838188166500037/
または
http://nagasakietsuko.com/blog/accounting/kessannsyoyomeru/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です