生きた経験

朝日町図書館で、
7月末から『読書通帳』のサービスが始まった。
私も使い始め、いつの間にか1ページが終了。
今現在は、2ページ目の6行目までいっている。

1ページが終了すると、
いくら分の本を借りて読んだか印字してくれるので
とってもテンションが上がる。

そして、図書館に行くと、
普段、自分が手に取らないような本だったり、
買うのだと、どうしよっかな?と
迷ったりする本も、借りれる。
気軽にチャレンジできるのが便利。

チャレンジした中に、
出会ってよかったと思うものが沢山あった。

特に『プロフェッショナル 仕事の流儀』のDVD。

マーケティングや、儲ける方法、成功する方法、
どーすればいいのかのノウハウなど。
ネットや本やいろんな情報が入ってくる。

これ全部やらんなんがけ?とか、
自分に合う方法をこの中から見つけるがけ?
理解して出来る人ならいいんだけど、
わかったようでわかってない、やっても躓く。

そんな日々が続き。。。
やっぱり自営業やるのムリかも。
そう悩んだ日もあるどころか、
ずーっとそんなカンジだった。

税理士試験が終わっても、仕事を何から
手をつければいいのか、もうわからなくなっていた。

このDVDに出演されている人は、
一切そういうコトを言ってない。
自分の仕事に対する姿勢を淡々と語っているだけ。

いろいろな職業の人が出演されているんだけど、
仕事に対する姿勢は、みんな共通だった。
特別能力がいるようなことや、
奇抜なアイディアなども全然ない。

まずは、仕事に対する姿勢から。
それも出来ていないのに、情報に押し流されていた。

仕事をしていても、
仕事にこんな時間を使って時間単価はどうなの?
こんなことしていて意味があるのか?
迷いに迷ったり、投げ出したくなることもある。

お客さんに「見捨てないでくださいね。」と
言われたときも、私が廃業するほうが早いかも、と
心の中で思ったりもした。

自分が何故この仕事をしようと思ったのかを思い出し、
自営業だからこそできる、
サービスを提供出来ているということ。

しっかりと心に刻み、
迷ったら、またここに立ち返ればいい。
これを観た後は、無性に仕事がしたくなる。

なんか、人の生きた経験っていいな~。
お客さんの所に行って、
仕事のお話しを聴くのが大好きなのも、
そーいう理由からなんだろうな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です