【とにかく知る】うつ病・発達障害のおしゃべり会

昨日、22日(土)うつ病・発達障害のおしゃべり会、終了。
入善会場は、5月から開催していなかったので、
ちょっと?ううん。何故か、かなり緊張した。

入善会場を開こうかどうしようか迷い、
開くのに会場を予約したけど、最近、バタバタ気味。
いろいろあって、気持ちもモヤモヤ。
こんな気持ちのまま開くのもな~と思いつつ開催。

ちょうど、しゃべりやすい参加人数。
参加している人も、いろんな人がいてバラバラ。
話している内容も、面白かったー。
あっという間に時間が過ぎた。

今やっている仕事が好きでも、人間関係が苦手。
自分に向いてないのかな。
そんなお話しが出て、私もしょっちゅう考える。
働き方を替えてみようかと妄想しているという話題に。

自分がやりたいな。やろうかなと妄想していたこと。
妄想していたのを忘れるくらい
ずーっと後、数年後になってやってたりする。
1回や2回じゃない。妄想していた事をしている。
やっぱり考えることが現実になるんだよね。
妄想バンザイ!なノリで、妄想で盛り上がる。

日記を書き始めたら、気持ちが整理できるようになる。
書いているうちに、何が原因でダメだったのかがわかり。
自分は、どうしたいのか。どんな気持ちなのか。
意外な結果になり驚くことも多い。

自分を知ったらラクになる。
よく出てくる話題で、昨日も出てきていた。
自分を知るのに、日記は手っ取り早い。

障害者、健常者、関係なく、
何事も他人のせいにするのを見てるとキツそう。
自分で何が出来るのかを考えていくとラクになる。
書く作業をすると、それが見えやすくなる。
結論は、書くのオススメ。

職場で無視されていたり、冷たい態度を取られたり、
きつく言われたりする。
本当はそうでなく、気にしすぎているときもある。
うつ状態になっていると、特にそう感じやすくなる。
自分だけでなく、相手の感情の問題の時もある。

こっちが、落ち込んで立ち直れなくても、
相手は、忘れている。
自分が落ち込んで居る時間、
相手は、うまいもんとか食ったり遊んだりしとるかもよ。
そう思ったら、バカバカしい。と言ってたら、
母親にムカつくこと言われて、ずーっとグサッときてて、
母親に確認したら忘れてた。そんなオチも飛び出す。

いろんな人がいるので、理解は無理。
でも、認知はする。

例えば。
①何も考えずに行動する→やりながら考える。
②いろいろ調べる→行動する。
2パターンの人がいたとする。
①の人から②の人を見ると、なにをもたもたしとるんやろ。
さっさとやればいいのに。イラつく。

でも、そういう人もいるんだと知るだけで、
相手に対してイラつくことが減る。知るって大事。

ただ、自分も最初からそういう見方は出来ていなかった。
当事者と言われる立場になり、
いろんな経験をして、いろいろ悩み考えたからこそ。
経験がなかったら、自分も知らずにいたかもしれない。

理解のない人を一方的に責めるのも、
また違うような気がする。
お互いに知る。いろいろ知る。

このおしゃべり会でも、
いろんな人のお話しをきけるといいな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA