障害者手帳をやめてから1年  

なんとか、今も障害者手帳を持たずに過ごしている。
治ったから、障害者手帳を更新しなかったのではなく。
むしろ、今も、うつ病になりやすい性格なんだと
強く自覚をして過ごしている。

お医者さんが、私の言うことにキレるようになり。
支援者と言われる人とは、ことごとく合わなかった。
障害者雇用で働いた仕事も、全然続かなかった。

どう生きていっていいのか、全くわららない状態。
ひたすら、この状態から逃げたい気持ちで一杯。
そんな状態だったのを、今でも思い出す。

1年前、障害者手帳を更新しなかったのは、
その状況から逃げたのだ。怖くて逃げた。
更新しないことによって、
人生を変えられるかもしれない。
賭けの気持ちもあった。

更新しなかったことによって、
まず打撃を受けたのは、金銭的なコト。
電車代が倍になり、
携帯電話代もハーティ割引がなくなり
予想していたよりも、高くなった。

体調も精神的にも、
かなりの波があり、乱高下が激しかった。
また、うつ病が再発したかも。。。
かなり悩んだ時期もあった。
お医者さんに行ったほうがいいかも。真剣に考えた。

ただ、もう薬で身体がダメージ受ける苦痛は
味わいたくなかった。
もう、あんな思いはしたくなかった。

普通の人よりも、乱高化が激しいだけ。
寝ていれば、やり過ごせる。
そう信じて、寝てやり過ごしていた。
怖いけど、怖さを感じながら寝ていた。

眠れないときも、かなりあった。
今も、夜中に眼が覚めるときもある。
睡眠薬が欲しくなった時もあったけど、
あのなんとも言えない感覚を思い出すと、
その気持ちもなくなった。

これも、誰にでもあること。
そうやり過ごせるようになった。

今思うのは、障害者雇用の仕事が
私には、全くといって合わなかった。
仕事の内容だけを簡単にしてもらっても、
何の解決にもならなかった。

私には、余計にキツク感じ、
障害者雇用の仕事が続かないことに、
精神的に追い詰められていった。

もうどこにも雇ってもらえなだろう。
仮に雇ってもらえても、続ないのは目に見えている。
そんな状態の中、
ありがたいことに自営業の依頼が入り始めた。

ラクではないけど、
自分が提供したいサービスを提供できる。

特に仕事に関してだけど、
その時の自分が一番やりやすいモノを選べばいい。
状況が変わったら、変えてもいいんじゃないか。

仕事で失敗しても、恥ずかしいと思う必要はなく、
次ぎ、どうしたらいいのか考えればいいだけ。
やらないと、自分にとって一番やりやすいモノや
合うモノがわからない。

私は、障害者手帳を持っていなかったら、
生きていなかったかもしれない。
でも、それが障害者でいたい自分を
創り出していた原因にもなっていた時期もあった。

今も、うつ病が治ったとは言わない。
うつ病になりやすい性格を持っている。
そう自覚しながら生きていくだけ。
ただ、それだけなのだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA