人と接するのが苦手。でも、話す

税理士試験が終わってから、
また税理士試験の勉強を始めたり、
かなりの勢いで図書館で本を借り読んでいるので、
Facebookに投稿してなかった。
いろいろ面白いことがあったので、それは後日。

私は、常々言っていることがある。
人と接するのが苦手だと。。。
実は、会計サポートの仕事でも、
Webを作成する仕事でも、よく話す。

今日の会計サポートでの仕事。
そのお客様の使っておられる「納品書」が
シンプルでかわいらしくテンションが上がった。
「このバージョンの領収書が欲しい!」言ってみたら、
領収書も持っておられた。

私も買って使うつもりだけど、
そこのお客様のお店の雰囲気にピッタリ。
中身も大事だけど、
パッケージにこだわるのも大事だよね。
そんなお話しで盛り上がれて楽しかった。

小売業に勤めていた時期も長いので、
請求書・領収書・マニュアルを入れる封筒は、
茶封筒を使っていない。
コレ、こだわりがある人同士でしか通じない。

会計サポートをしていて、
「会計のコト、覚えているってスゴイですね。」
「商品を作るとき、手で覚えてるでしょ。
 その感覚と一緒。」
「それ、違う~。」と笑ったり。

「怒られる~」「怒られる~~」「怒られる~~~」
連呼される。(実は、もうちょっと違った言葉)
なんで、「ドS会計」って知ってるのに、
私にサポートを依頼してきたんだろう???
そう思いつつも、面白がったり。

人付き合いが苦手と言いながらも、
何故?仕事では、沢山話すのか。

私は、パターンに当てはめる仕事ならしたくない。
「その人の特色をいかす」という信念がある。
あとは、話していると学んだり、
気づいたりすることが沢山ある。

今までお話ししていなかったけど、
関わらせてもらっている、お客様には共通点がある。

その人の商品を買いたくなる。
その人の仕事内容に興味が持てる。
その人の成功を喜べる。
自分ゴトのように考えれるか。

マニアックというか、オタクっぽい人が多い。
徹底的にやる人。

やらされている感が満載のお仕事は、
生意気かもしれんが、お断りさせてもらっている。

なので、仕事でお話しを聞いても苦痛にならない。
ううん。
仕事でお話しを聞くのは好きなのだ。

仕事をしていく上で、本当にいろんなコトがあり。
挫折しそうなこともある。
それこそ、人と接するのが苦痛なときもある。

でも、こういうお話しをしたり。
お客様が忙しい中、会計をする時間を確保して
やろうとする姿を見る。
お客様が、本当の会計の目的をわかったりする。

そうすると、やっていてよかった。
そんな、ホカホカとした気持ちになる。

毎日、特別に何があるってわけじゃないけど、
幸せだな~。
この仕事やっていて、本当によかったな~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

今年は超えるぞ